OFF THE BALL(オフ ザ ボール)とは、サッカーで選手がボールを保持していない局面を指す言葉です。1 試合90分の試合のうち、1 人の選手がボールを保持する時間はわずか2 分程度なので、彼らは試合中のほとんどをオフザボールの状態で過ごすことになります。 サッカーの見所は、ドリブルやパス、シュートにあることに疑いの余地はありませんが、試合を通してみればそれはごくわずかな時間に過ぎず、実際にはボールのないところで繰り広げられている駆け引きに勝負がかかっていることが分かります。

 

それは、サッカーそのものにおいても同じです。

 

サッカーにとって試合や、それに出場する選手が主役であることに疑いの余地はありません。しかし、サッカーというひとつの文化において、それはごくわずかな部分に過ぎません。実際にはサッカーに関するファッション、音楽、食、アート、文学など、スポーツとしてのサッカー以外の要素こそ、サッカーがサッカーであるために欠かせないものなのです。


「OFF THE BALL」は「サッカー選手のでないサッカーマガジン」をコンセプトにしたフットボールカルチャーマガジンです。この雑誌では、スポーツとしてのサッカーの部分にはあえて焦点を当てず、サッカーの「周辺」を扱います。なぜなら、私たちは、サッカーの醍醐味は「オフ ザ ボール」にあると信じているからです。


編集長

小田明志

 “OFF THE BALL” is a term used to describe the situation in which a soccer player is not in possession of the ball. In the 90 minutes of a single match, the average player only holds the ball for about two minutes; they spend most of the match off the ball. The best parts of a soccer match is undoubtedly the dribbles, passes, and shots; however, when looking at the entirety of the game, those events only make up a very small portion of the match. The outcome of the match is ultimately up to the strategies and haggles that happen off the ball. 

 

This is true for soccer itself.

 

Without a doubt, the players in the game and the match itself are the center of attention. However, an actual match only makes up a small fraction within the “culture” of the sport. Functions of soccer that isn’t part of the sport − fashion, music, food, art, literature − their existence is absolutely necessary for soccer to be “soccer.”

 

OFF THE BALL is a football culture magazine that is made with the concept of a “soccer magazine without the soccer players.” This magazine will focus on everything else but soccer as a sport; we believe that the best part of the sport is “Off The Ball.”

 

Editor­In­Chief

Akashi Oda 

  • Wix Facebook page